Simon Whetham    UK

Simon Whetham’s intervention in the landscape builds a direct connection to nature’s patterns, rhythms. Moving upwards along a stream, Whetham has left “earth traces” of his interventions on the stones, boulders, beside the stream. These were created using a highly sensitive sound hydrophone that captures sounds from the stream. These are then amplified and sent through a speaker that reacts to these sounds. Atop the speaker Whetham places dry earth that jumps and gradually build forms in direct response to the water flow, the speakers’ magnification of those sounds. What remains after these interventions is the result of this series of actions, some natural, others introduced and mechanical.  Whetham’s combination of high-tech and no-tech results in a “language” of expression directly connected to nature, to Mother Earth and Father Sky, from micro to macro all in one art action.

John K. Grande

Simon Whetham(サイモン・ウェッサム)は風景そのものの中に介入して自然のパターン、すなわちリズム、との直接的な接続を作り上げた。せせらぎにそって流れをのぼって行きながらウェッサムは彼の介入としての「大地の痕跡」を石の上に、巨岩のうえに、そして流れのほとりに残していった。これらの作品は非常に感度の良い水中マイク(音声ハイドロフォン)を使って制作されたが、ハイドロフォンがせせらぎの音をとらえるのである。音をアンプで増幅し、それがこの音に反応するスピーカーを通して送られる。ウェッサムが乾いた土をスピーカーの真上に置くとそれはジャンプし、スピーカーの水流へのじかに応答、音の拡大、によって次第に構造物が作られてゆく。この介入の後に残るものは一連の行為の結果で、あるものは自然で、あるものは導入された機械的なものである。このウェッサムのハイテクとノーテクの組み合わせは結果として自然-すなわち「母なる大地 父なる空」-と直接接続する表現「ことば」を残すが、そのマイクロからマクロへ道筋はたったひとつのアート行為で造られるのである。

ジョン k グランデ                            今田勝 訳

Simon Whetham 

1/30

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon