Arranged in a circle up in the air around

a tree, chairs are suspended in space

and have a surreal look. Gunjan Tyagi’s

Fancy Meeting" is in her own words, “a

dialogue between experience and

information.” This circle of recycled

chairs suggests a conversation or

dialogue is taking place with the eternal

tree of life. Tyagi’s tree is a conduit, or

pretext, for engaging the audience in a

conversation on how disconnected from

experience we are becoming die to

technology, access to plastic words and

flat content-less information. Tyagi’s art

piece is a call to understanding the

wisdom of experience, the connections

between self and other, between

material and spiritual existence. As she

says, “ Our young generation are found

full of information but the question is ‘Do

they also carry experience or it is just an

information?’ Recognizing that the

culture of nature reaffirms our identity

this tree and these chairs look like they

are engaged in a hypothetical

conversation on the disappearance of

aesthetics and ethics, the limits to

growth, and the limited depth of

knowledge the information age has

brought into being.

John K. Grande

いっぽんの木のまわりに円形に配置されて空中

にただよい、椅子達は空間にぶら下げられた超

現実的な風体である。Gunjan Tyagi(グンジ

ャン・ティアギ)の「ファンシー・ミーティン

グ」は彼女自身の言葉で「経験と情報のあいだ

で交わされる対話」である。リサイクルされた

椅子達の円は木という不滅の生命と会話、対話

が交わされていることを暗示している。ティア

ギの木は見る人をして、わたしたちがどれほど

経験から切り離されてテクノロジー、見せかけ

の言葉、そして薄っぺらで内容のない情報の側

に寄っているか、という会話をなさしめる秘密

のトンネル、あるいはそれにかこつける口実で

ある。ティアギのアート作品は経験に基づいた

知恵、自己と他者、物質的な存在と精神的存在

とのあいだの繋がりの理解への呼びかけである。

ティアギが言うように「わたしたちヤング世代

は情報漬けだが、問題は『それらは経験に裏付

いているか、ただの情報にすぎないのではない

か?』である」。自然という文化によってわた

したちはアイデンティティーを再確認できると

いう認識に立つと、この木と椅子達が、情報時

代がこの世にもたらした美意識と道徳性の消失、

成長の限界、限られた知識の深度について仮想

の会話にふけっているように見えてくる

​ジョン K グランデ  訳 今田勝

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon