1/22

Zsolt Siklodi’s has brought together a site-specific installation using wood elements, like mechano-natural branches consisting of a series of attached cylinders... all this fabulous assemblage, painted white, echoes the vertical linear character of the trees. And so here we have integration, a way of drawing art into the environment, and that builds a counter-point with the trees themselves (which incidentally have been planted in a linear fashion and are not at all wild or natural in their growth). The assemblage elements stand out in this forest interior setting not far from the campsites families come to stay on weekends. Siklodi refers to his piece as “Dancing with Trees”. Details like carved inner circles that have rings painted red, give the impression this tree-like series of vertical zig-zag sculptures, are living bodies with blood, that have been dramatically cut. A very visual and perceptual art installation Siklodi’s art is ever changing according to the light, time of day, the season of the year, and the way we visually read or interpret it.

John K. Grande

Zsolt Siklodi(ゾルト・シクロディ)は木のエレメントを使ってこの場所ならではのインスタレーションの集合作品を作り出した-それは、一連の円筒形をつなぎ合わせたもので構成されている機械的な天然の枝のようであり、このとても楽しくなるアッサンブラージュはすべて白に塗られ、木が持つ垂直で直線的な性質を表している。そのようにここでは環境の中に絵を描くという完全体への統合があるが、一方まわりの木々とは対位法的なものを作り出している(ちなみに、まわりの木々は直線的に植林され、その生長は野生や天然のものとはかけ離れている)。このアッサンブラージュのエレメントはファミリーが週末に宿泊するためにやってくるキャンプサイトから遠からぬ森林の、部屋のように見えるところに際立っている。シクロディは彼の作品を“Dancing with Trees”(木とのダンス)と呼んでいる。切り取られた部分には赤に塗った輪のサークルがあるが、これによって、この上下方向にジグザグになっている一連の木の様な姿をした彫刻が血を持った生きた身体で、それが無残に切られているような印象を与える。シクロディのアートインスタレーションは非常に視覚的で知覚的、一日の何時の、一年のどの季節の光によって、またわたしたちが目で読み取り解釈するそのやり方によって変幻自在となる。

ジョン K グランデ                                  今田勝 訳

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon