Tzvetelina Maximova

Tzvetelina Maximova  has assembled a range of natural forms, tree sections, branches, setting them outdoors in an open field area full of light. The tree elements, arched branches, and some of it is covered in white paper, are a language that expresses humanity’s connectivity to nature. Within the landscape we can feel an interiority, even outside. Our home, this earth is a place we are a part of, and its objectified elements are part of a subjective world of human experience connected to our inner being. Maximova brings a human point of contact, through her actions placing found elements in the environment.  Outer and inner  - self and other - being and non-being – all are intertwined and part of the same thing. Eternity in an instant. Maximova’s paints this space with three-dimensional wood, paper and natural forms with human expression. We become aware of how all things are connected in this continuum we call the cosmos. 

John K. Grande

Tzvetelina Maximova(ツヴェテリーナ・マキシモヴァ)は一連の自然の造形物、部分的な木、枝、などをアッセンブルして野外の光り輝くオープン・フィールドにセットした。木のエレメント、湾曲した枝、そしてその一部を白い紙で覆ったものなどは、人間性と自然との連結度を表現することばである。この景色に置かれると野外であるにかかわらず、室内的に感じることができる。わたしたちの故郷-大地-はわたしたちがその一部を構成する場所であり、客観化された大地のエレメントは人が経験した主観的な世界の一部であり、人の経験はわたしたちの内なる人に接続しているのである。マキシモヴァは、まさにこの場所で見つけ出したエレメントを配置するという行為を通して人が持つ接点を表現している。外と内 -自己と他己- -生命あるものとなきもの- すべては互いに撚り合わさっているので、それらは同一物の部分なのである。無限は瞬間の中にある。人間的な表現で、3次元的な木、紙と自然の造形物を用いてマキシモヴァはこの空間に絵を描いている。わたしたちは気づかされる-どれほどすべてのものがわたしたちが宇宙と呼ぶこの連続体に繋なげられていることかと。

ジョン K グランデ                                  今田勝 訳

1/21

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon