Takashi Ikezawa

In a field near the Art Centre facing the sky, Takashi Ikezawa’s has produced an earth sensitive land work using materials that reflect human-nature interactions… At its centre green earth provides a focal point to a circle of elements with many spokes like an earth clock… Roof tiles reference the Japanese home, but equally that the planet earth is our true home. Rice interspersed in the installation recall our dependence on nature’s resources for our food, shelter and survival. Cotton is used for clothes, for many aspects of living… And the placement of Takashi’s piece facing the Father Sky, originating with Mother Earth builds a natural unity between the infinite and the earth bound. A brilliant song of the earth with, by and for nature

 John K. Grande

アートセンター近くの野外、空に向けてTakashi Ikezawa(池澤孝)は人間と自然の交流を反映する材料を用いて大地に優しい野外作品を制作している...
地面に置かれた時計のように複数のスポークを配した円形のエレメント、その中心では緑の大地が円に焦点を与えている。屋根瓦の出典は日本の家庭だが、同時にプラネットアースがわたしたちの本来のホームであることに言及している。インスタレーションにちりばめられている米(籾殻)は、わたしたちが食料として、住まいとして、また生存のために自然の資源に頼っていることを思い起こさせる。綿は衣服や生活の色々の局面で使われ...そして、池澤の作品は「母なる大地」から発信され「父なる空」に面するように置かれているが、これは悠久のかなたと大地のあいだに自然な統一を形づくっている。見事な大地の讃歌、それは自然と共なる、自然による、自然のための...

ジョンK グランデ       訳 今田勝

1/14

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon