2015 Tsukuba International Artist in Residence

 

Simon Whetham   UK

「回帰」

 

私たちは、人生の旅路を進むにつれ、日々多くのものを捨て去ってゆく。一度手にしてしまえば、欲しかったもの、大切なものも、無価値なゴミあるいはガラクタに帰してしまうのだ。

家具は、昔から、木の“肉体”である木材で作られてきた。家具を捨て去るより、私はむしろ木を木に返し、そこに“声”を与えることとした。

不要な引き出しの数々は、楽器へと姿を変えた。それらは筑波山からの不規則な風を受け、動き始める。

 

古い木の引き出し、針金、割れたガラス

サイズ可変

“Return"

 

We increasingly discard objects as we journey through life. Possessions once hunted down, desired, treasured become worthless junk or trash.

Furniture is traditionally made from timber, the flesh of the tree. Rather than discard pieces of furniture, I am returning wood to wood and giving it a voice. Unwanted drawers have been transformed into musical instruments, which will be activated by the irregular effects of the winds of Mount Tsukuba.

 

Used wooden drawers, steel wire, broken glass.

Dimensions variable

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon