Rumen Dimitrov’s  “Jumping Circle” earth cylinder is Land Art personified. Dimitrov has created a cylinder of earth raised above the ground by removing exactly the same amount of earth, like a physical echo or leap of faith. Bamboo surrounds and defines this installation element. Next to this circle of earth and cut into the earth with the exact same measurements is a second circle. Seen together they give the impression that the earth has “jumped” from one place, the circle cut into the earth, to the second place “above the earth”. Working with these two levels the piece suggests simultaneously an opening to the earth and a projection to the sky. Father Sky and Mother Earth are brought together here. If seen from the sky, the installation could look like an infinity symbol, something that goes on forever… Made with a low-tech finesse, and simple resourcefulness, Dimitrov’s earth circles build a case for our place in the earth, and the symbolic power of a simple geometry like the circle in a natural landscape.

John K. Grande

Rumen Dimitrov(ルーメン・ディミトロフ)のJumping Circle(ジャンピング・サークル)の土の円筒は究極のランドアートである。ディミトロフは地上に隆起した土の円筒を造形したが、それはちょうど同じだけのものを土から移動して造ったもので、それは物理的なこだまのようであり、やみくも的な自信のようでもある。このインスタレーション・エレメントの周囲には竹がめぐらされ境界となっている。この土のサークルの隣にまったく同じ大きさで地面がえぐられているのが第二のサークルである。ふたつのサークルを一緒に見ると大地がひとつの場所-地面をえぐったサークル-から第二の場所-「地上」-にジャンプしたような印象を与える。このふたつの高さを造形することで、作品は大地への入り口と空へのプロジェクションを提示している。ここに「父なる空 母なる大地」が一緒になった。空から見るとこのインスタレーションは永遠を表す-なにか永久に起こり続ける-もののシンボルに見えるかも知れない...。ディミトロフは、ローテクな手際の良さと単純なやりくりで大地の円を用い、大地にわたしたちの場所があることを、また自然のなかでは円のような単純な形状が象徴的なパワーを持つことをいやおうなく示した。

ジョン K グランデ           今田勝 訳

1/12

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon