Noriaki Hayashi

Noriaki Hayashi’s photogram fabric hangings move with the wind in the forest. Light is the main medium… The artist’s actions are not aggressive, instead accepting and passive. The outlines of a boy on one, and a girl on the other, suggests a balance, a yin yang aspect to the fabric hangings. Leaves and natural elements have their traces imprinted on this fabric photogram The male female human outlines on fabric are echoed in the two tiny houses made of mirrors resting on the ground. The reference can be to the twin peaks of Mount Tsukuba  - one male the other female, the yin yang balance. The markings, actions of the artist also form part of the art, frozen nature moments are part of nature. Nature is the art of which we are a part! The actual hanging of this “nature sign” in a forest is a gesture of integration, of chance as well, for the weather, light and seasons at Mount Tsukuba also change the way we perceive this artist’s action, this memory of place, of the human presence, and of nature, now on view for all to see.

John K. Grande

Noriaki Hayashi(林憲昭)の布に感光されたフォトグラム作品のカーテンが森の中で風に揺れる。中心的な媒体は光線である...。アーティストの行為はアグレッシブではなく、心を開いて受け身的である。一方には男の子のシルエットが、べつの方には女の子の輪郭が見え、この布カーテンが持つバランス感と陰陽感をさりげなく示している。木の葉やその他の自然のエレメントがこの布製のフォトグラムに痕跡を焼き付けている。布のうえの男女の人間の輪郭は地上にたたずむ鏡製の小さなふたつの家にこだまする。引き合いになるのは筑波山の双子山-男体山と女体山、陰陽のバランス。アーティストが描いた模様と、その行為も、アートの一部をなしている-自然が停止した瞬間も自然が自然たる一面だからである。わたしたちがその一部を構成する「自然」はアートである!この「自然のサイン」を森の中に吊すというおこないは一体化を態度で示すことである同時にいちかばちかの身振りでもある。なぜなら、筑波山の天候、光線、季節はアーティストの行為や、この場所、人の存在、自然についての想い出などをわたしたちがどのように思うかをも変えるからで、いまやそれらはみんなの目に晒されているのである。

​今田勝 訳

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon