2015 Tsukuba International Artist in Residence

 

Nicola Gear  Scotland

「痕跡のシーケンス/シャドー・プレイ」

この作品は、自然光により作り出される光と影のパターン、そして、移ろい続け、予測不能なその性質に着目している。
チョークで床に線を引きながら、私は時の経過を辿った。幾重もの線は、光と影の出会う場所を追いかけたものである。各線は特定の時刻を参照しており、空における太陽の動きに合わせ、床を横切る形で移動している。影は壁の開口部や、水車小屋内部の物により形づくられ、同様に、光は小屋を囲む木々や、太陽を覆う雲によりもたらされる。サウンド・インスタレーションは、このシャドー・プレイの対位旋律である。それは作家たちが展示場付近で制作する音を拾ったものであり、その断片からは、素材や形態が浮かび上がってくる。
これらの作品はいずれも、ある出来事の痕跡を一時的に記すことを目的としており、すばやく消え去ってしまう。なお、両作品は、毎朝、障子の部屋で目を覚ました経験に基づいている。人々や木々の揺らめく影が、そこに内と外との繊細なラインを描き出していた。

 


"A Sequence of Traces/Shadow Play"
This work draws attention to patterns of light and dark created by natural light and its constantly changing and unpredictable character. I have been tracing time passing, by drawing lines in chalk on the floor. The lines follow where light and dark meet. Each line references a particular time, and the lines move across the floor as the sun moves in the sky. The shadows are created by the openings in the walls and the objects inside the mill building. Also the light is effected by trees surrounding the building and by clouds covering the sun.  The sound installation is a counterpoint to this shadow play. It records sounds of the artists making work around the Exhibition Hall, materials and forms emerge from these fragments. Both of these works seek to make a temporary trace of an event, and fade quickly. Both works relate to waking up each morning in a room with paper walls, covered in moving shadows of people and trees; a delicate line between inside and outside.

Photo by Takuma Kotake

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon