Na Mo   Korea/China
 

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

Installed in the Tsukuba art gallery, NAMO  - Kim Nam Oh’s box-like construction is like a theatre scene. As he says, “This is a history. This work is personal and subjective.” Made of old-fashioned materials 0on an old Seiko sewing machine and with surreal combination of high-tech and Romantic nature scene, part past part future. NAMO’s mini-theatre with its electronic light and nature elements evokes a sense of how we build a story of life, and how history plays a role in the way we see the world. Nature is in this scene almost like Hokusai or classic, and the “unnatural” nature light effects make this a perpetual theatre.  Father Earth and Mother Sky are there too, in this cabinet of time, as earth memories or a story of the ephemeral nature of life itself, how time continues invisibly over the centuries, and we – the actors – change…

John K. Grande

筑波アートギャラリーにインストールされたNAMO(ナモ)-Kim Nam Oh-の箱のような構造物は劇場のシーンのようである。彼によると「これは歴史です。この作品は個人的なもので、主観的なものです」。古いSeiko のミシンのうえに置かれたオールドファッションな材料で制作されていて、ハイテクとロマンチックな自然の風景の超現実的な組み合わせで、部分的には過去のものであり、部分的には未来のものである。電気照明を使ったナモのミニシアターと、自然という要素は、わたしたちがどのようにライフの物語を組み立てているのか、また歴史がわたしたちの世界観におよぼす影響に思いを至らせる。このシーンにおける自然はまるで北斎のようなもので古典である。そして、「非自然」な自然光の効果はこれを永遠のシアターに作り替える。「父なる空 母なる大地」がそこにも存在する。この時間のキャビネットのなかに。それは大地の記憶としてであり、生命自体が持つはかない性質のストーリーとしてである。時間は何世紀にわたって誰の目にもとまらずに続いてゆく、そしてわたしたち-アクター-は変わってゆく・・・

ジョン K.グランデ                            今田勝 訳