2015 Tsukuba International Artist in Residence

 

Michael Pestel  USA

「共鳴」

 

解体された二つのピアノが、人々に自然の中の音の探索をいざなうハンズオン作品『共鳴』の基盤を成す。一方は、私たちの住む生物圏の真下でくすぶり続ける地震の不可聴音(岩盤のずれる音やその他の振動の音)を喚起させることを狙いとしている。

 

『共鳴』のもう一方(アップライトピアノのフレーム)は、周囲の環境と直接繋がっている。こうした意味で、『共鳴』は、その場におけるサイト・スペシフィックな繋がり(鳥、水、木、植物のみならず、人間の活動や様々な形)を持つ、ノン・サイトな彫刻なのである。

 

木、スチール、ワイヤー、ガラスブロック、竹、フェルト、スクリュー、石等150cm x 175cm x 85cm

"RESONANCE"

 

A deconstructed piano in two parts forms the basis of Resonance, a hands-on work that invites the public to explore its sounds-in-nature. One part seeks to evoke the inaudible sounds of seismic forces - sliding tectonic plates and other vibrations - that move continuously beneath the biosphere in which we live. The other part of Resonance – the upright piano frame – connects directly with the surrounding environment. In this sense, Resonance is a 'non-site' sculpture with site-specific connections – birds, water, trees and plants, as well as human activities and forms – in the immediate environment.

 

Wood, steel, wire, glass block, bamboo, felt, screws, stone, etc.150cm x 175cm x 85cm

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon