Louis K. Chong

Louis K. Chong’s minimal approach to making art often involves body art performance. At Mount Tsukuba, he can simply place tree bark horizontally to complement a standing tree, thus rendering “what is there” quite a monumental artwork or tree bark is placed in mid-air in a spider’s web. With a moving video camera Chong records the space around the spider web and tree bark. The dynamic uses nature. Nothing separates the artist’s expression from nature. Nature is the medium, and the human body; both are a part of nature. At one stage of his intervention Louis K. Chong made a “lips drawing” atop a standing stone covered in white paper. The lines of ink that descended by natural forces of gravity became a naturalistic intervention, a line from Father Sky approaching Mother Earth. This huge and monumental rock wrapped in aluminum foil had symbols that represent the Sky, Heaven, Light, Life  - ephemeral and minimal actions intended to make us aware of our place in relation to Father Sky and Mother Earth. For Louis K. Chong the body is an instrument that moves in and through space and light. Art is never set in time; art actions involve perpetual motion, chance and change.

 John K. Grande

Louis K. Chong(ルイス・K・チョング)によるアート制作のミニマリズム的アプローチにはしばしば身体を使ったアートパーフォーマンスが含まれる。筑波山で、チョングは立木を引き立たせるように単純に樹皮を水平に配置して、“what is there”(「ここにあるもの」)をまったく記念碑的なアート作品として描き出したが、樹皮は空中の蜘蛛の巣のただ中に置かれている。チョングはビデオカメラを回して蜘蛛の巣と樹皮のあたりの空間を撮影している。その力強さは自然のものである。何物もアーティストの表現を自然から引き離すことはできない。自然は伝達手段であり同時に人体である;共に自然の構成体。ルイス・K・チョングは彼の制作的介入の一段階で白い紙で覆われた立ち姿の石に“lips drawing”(唇を使った描画)をおこなった。重力という自然の力で落ちてきたインクの線は「父なる空」から「母なる大地」に近づく線として、自然論的な介入となった。このアルミ箔で覆われた巨大で堂々たる岩には「空」「天」「光」「生涯」を表すいくつものシンボルが飾り付けられている-刹那的なミニマリスティックな行為は「父なる空 母なる大地」の文脈の中におけるわたしたちの立ち位置をわたしたちが知るように意図されている。身体はルイス・K・チョングにとって空間と光線の中を、それらを突ききって移動する道具である。アートで時間は固定されない;アート行為には永久運動、偶然性、変化がつきものである。

 

ジョン K グランデ        今井勝 訳 

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon