Kengo Shibatsuji  

Kengo Shibatsuji  has brought together what is there, a series of trees and rocks arranged like a macro-scaled Land Art Ikebana piece. The painted green leaves carefully put into place in spatial relation to the dead tree and stone elements builds an assemblage language where nature’s complexity and diversity makes us all the more aware of the relation to space in an outdoor environment like this near the summit of Mount Tsukuba, a place where people have come on visits, or hiking or to paint over centuries. This is a “Nature Set”, a scenario with many elements that add to the dynamism of the natural surrounds.

John K. Grande

柴辻健吾は現場にある素材を一カ所に集めて、一連の木や岩をマクロスケール化したLand Art Ikebana(ランドアート生け花)作品のようにアレンジした。几帳面に緑色に塗られて、枯れ木と石のエレメントに対してある空間配置で置かれた木の葉がアッサンブラージュ言語を形づくっている。この場所の自然の複雑さと多様性はわたしたちをして否応なしに戸外の環境のなかにおける自分と空間との相関関係に気付かしめる。人びとが何世紀にもわたって訪れ、散策し、画作した筑波山の山頂付近のこのような場所ではなおさら。この「自然のセット」で、多くのエレメントが自然という周囲の力強さを増強するというシナリオである。

​ジョンK グランデ   訳 今田勝

1/10

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon