2015 Tsukuba International Artist in Residence

 

Kaiqn Zhang   China

「伴生」

 

食のプロセスにおいて、箸は大量に消費される。その原料は、山や森に由来する。私の作品では、箸が一風変わった、幻想的な形で山へ返される。光が構造体を貫き、地面に水晶のような影を映し出す。

箸 / 160cm x 80cm x 80 cm

 

「寄生」

地層のように、いかなる過去の偉大な時代も、その前の時代の上に築かれている。こうした意味で、未来の考古学者は、私たちの時代をどう定義するのだろう。ある日、私のスタジオの下に入居していたインテリアデザイン会社が、創業 10 年にして退去し、世界中から取り寄せた―スペインのアリカンテから中国の山西省に至るまで-大理石のタイルの膨大なコレクションを残していった。

石は山の内部で採掘され、その後、切断されスラブ材(床板)になり、いずれは深圳のカラオケバーのカウンター床のような場所に設置されてゆく。

タイルはすべて、固有の肌理と色を持つ。夕焼け雲のようなものもあれば、樫の木の幹に似たものもある。既に商品価値はなくとも、アーティストの私には、これら一枚一枚が宝石のようであり、私はそれらを自然な形に再構成することを試みた。鑑賞者には、作品そのものの美、そして、自然環境の破壊を前に込めた、世界的な消費文化への批判の双方を感じ取っていただくことを願う。

"Associating / 伴生 "

 

Tons of chopsticks are consumed in the process of eating. The material comes from mountains and forests. In my work, the chopsticks are brought back to the mountain in a different and fantastical form. The light shines through the structures and makes crystal shadows on the ground.

chopsticks

160cmx80cmx80cm

 

"Parasitic / 寄生 "

Like rock strata, every great era in the past builds on the preceding one.In this sense, how will archaeologists in the future define our era? When, after ten years in business, an interior design company below my studio moved out and left an enormous collection of marble tile samples from all over the world - from Alicante, Spain to Shanxi, China.The stone was mined inside of mountains, then sliced into slabs, and eventually installed in places like the floor of the reception desk in a karaoke bar in Shenzen. There, every single tile has a unique texture and color. Some look like clouds 

at sunset, and others like the trunks of oak trees. Though worthless in terms of resale value, every single piece is precious to me as an artist, and I have tried to reconfigure them into natural forms. My hope is that the viewer of my work will appreciate both its aesthetic qualities and its critique of global consumer culture in the face of a degraded natural environment.

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon