jung jang jig

Jung Jang Jig has set a series of white posts in the earth that together form the shape of a diamond. In the centre is a post that could, as the centre point – point Zero- signifying all that is human – the yin and the yang.  Or it could be the beginning and the end of all things, the point of perpetual motion, of continual change. Seen in the context of nature, this assemblage with its strings and white posts has a pure minimalist aesthetic - HARMONY. Simply expressed, Father Sky and Mother Earth exist within this artwork created within the scale of life… Energy is in the space between each post, each successive post, each string drawing from post to post, a very refined interpretation of life.

John K. Grande

Jung  Jang  J ig(ジュン・ジャン・ジグ)は一連の白い杭を地面にセットしたが、それらは全体としてダイヤモンドの形を形成する。中心にある一本の杭はセンターポイント-ゼロ点-として人間くささのすべて-すなわち、陰と陽-を表しているのかも知れない。あるいは、それは万物の始点と終点、永久の運動点、連続した変化点であるのかもしれない。自然との関連で見ると、この糸を張り巡らした白い杭のアッサンブラージュは純粋なミニマリストの美的感覚-調和-を有している。簡単に言って、生命のスケール内で造られたこのアート作品の中に「父なる空 母なる大地」が存在する。。。エネルギーが一本一本の杭と一連の杭のあいだのスペースに存在し、一本一本の糸が一本の杭から別の一本の杭へとそれぞれを引き寄せる-非常に純化された生命の解釈

​ジョン  K .  グランデ   訳 今田勝

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon