From Father Sky to Mother Earth and Back Again

- Forever is Perpetual, Change is Always

父なる空から母なる大地へ、そしてふたたび元へ

– 果てしなき永遠、連続する変化

John K. Grande

Father Sky Mother Earth. The words

seem to shout out like a cry or a scream

of recognition that we all need to have a

home, to belong, and that our “family” is

the earth itself, and the cosmos, our

world, is not just a place for art, but for

the integration of social, environmental,

human and public needs and concerns.

Father Sky Mother Earth also suggests a

unity, a harmony, an acceptance that we

are part of a huge family, connected,

interconnected, interrelated to an

environmental totality. The artists

participating in this 4th Edition of the

Tsukuba International Open Air

Contemporary Art Exhibition present an

incredibly diverse range of ways to

reconnect to the physical, tactile,

perceptual world we live in. These artists’

actions are aesthetic, social and

ecological gestures that help us to sense

this contact with the earth and universe.

Each approach is personal reflecting

cultural diversity, each has its own way

of seeing and being. This event makes us

feel the incredible diversity of this world

we are a part of, and how art and science

are inseparable. Dark black boulders,

dragonflies, trees that reach upwards to

the sky, the forests themselves that are

places of being, the streams that weave

their way through this environment near

Mount Tsukuba, a source and a backdrop

to this year’s event.

A wonderful place!

 

John K. Grande

​ジョンK.グランデ

「父なる空 母なる大地」 わたしたちは誰で

もふるさとを持ち、帰属する必要がある、わた

したちの「家族」はすなわち地球自体であり、

わたしたちの世界-宇宙―は芸術する場所であ

るだけでなく、それは社会・環境・個人と公共

のニーズや心配事などをまとめて完全なものと

する場所である-この言葉はこのような認識を

泣き声のように、あるいは叫び声のように叫ん

でいるように思われる。また、「父なる空 母

なる大地」はわたしたちが結束して調和を保ち

ながら、わたしたちが巨大な家族の部分であり、

環境という完全性に繋げられており、相互に結

びつけられ関連させられていることを受け入れ

る、ことを勧めている。第4 回筑波国際野外

現代芸術展に参加している芸術家達は信じられ

ない多様なプレゼンテーションを駆使し、わた

したちを物としての、触覚的な、永遠なるわた

したちが住む世界に再接続している。芸術家達

の行為は景観、社会、生態に配慮したもので、

それらはわたしたちを地球、宇宙との接続の気

づきへと誘う。アプローチは多様なカルチャー

を反映した個人的なもので、それぞれに見方が

あり、有り様がある。このイベントはわたした

ちが住む世界の驚くべき多様性、芸術・科学が

切っても切れないものであること、などを感じ

させる。色濃い黒い巨岩、トンボ、木々は

「空」に届こうとそれに向かい、森は森で存在

の場所そのものであり、水の流れはこの環境の

縫うようにくだる「筑波山」が今年のイベント

の発信源であり背景である。

なんと素晴らしい場所!

​今田勝 訳

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon