Hachiman-Gawa

Seen from the sky, Jarek Lustych’s earth-based installation might have the look of an earth screen, or some giant mechanical imprint embossed into the earth. Or with its stone elements, that recall the traditional Japanese Garden that are juxtaposed with these metal elements recycled from beer and soda pop cans, a simulacra effect occurs. The metal that appear out of the earth, emerges in poetic patterns we might have seen in a Japanese Garden, but there the arrangement would be with stones. The artificial elements Lustych introduces, somehow enhance or highlight the nature that surrounds, and is part of the art. In his own words the installation represents, “pieces of scattered sky nailed to the earth.” There is a potential for irony in the artificial character, this imprinted metal cloud and earth diagram Lustych has enacted. His art metabolizes the way our contemporary aesthetic can be anaesthetic, one that shuts out or separates us from the environment. Seen in this beautiful setting near Mount Tsukuba, Jarek Lustych’s site specific, somewhat surreal or science-fiction installation make us more aware of that which is not the art, as much as the art, a world we often cannot see and that is perpetually changing and evermore there. The patterns Lustych has produced could even be a pointillist drawing of a cloud, or represent a material manifestation of sound waves…

John K. Grande

Sakura-Gawa

空から眺める、Jarek Lustych(ヤレック・ルスティック)の大地に根ざしたインスタレーションは大地のスクリーン、あるいは大地にエンボス加工されたある種の巨大なメカニカルな刻印に見えるかもしれない。あるいは、トラディショナルな日本庭園を想起させる石の要素がメカニカルなビールや缶飲料をリサイクルした金属要素と並置されてが、その石とともにシミュラクラ(類像)効果を発している。大地から顔を出す金属はわたしたちが日本庭園に見たような気がする詩的なパターンで出現しているが、日本庭園ならこれはさしずめ石でアレンジされているであろう。ルスティックが導入した人工的エレメントは、どういうわけかあたりを取り巻く自然を引き立てあるいはハイライトし、作品の一部となる。彼自身「散在した空のかけら達が大地に釘付けされている」とインスタレーションを表現している。ルスティックが演じたこの金属の雲の刻印と大地の図形の人工的な性格のなかには一種のアイロニーがあるのかも知れない。彼の作品は現代の美意識が無感覚-わたしたちを環境から閉め出し隔離-になり得る道筋を噛み砕いている。この筑波山に近い美しいセッティングで見ると、ルスティックのこの場所なればこその、ある種超現実的なあるいはサイエンスフィクション的なインスタレーションはわたしたちを促し、アートであると同じくらい非アート的なものをより良く気づかせてくれる-多くの場合わたしたちには見えず、そして永遠に変化し今後もいつまでもそこにあるひとつの世界。ルスティックが制作したパターンは点描画家が描いた雲の絵でもあり得る、あるいは音波の物質的表現を表しているかも知れない・・・

​ジョン K グランデ    訳 今田勝

1/17

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon