Helena Marika Ekenger has brought

together an array of branches to create

an assemblage that opens like a

Japanese fan. This site specific “Forest

Fan” starts on the ground at a point

called “chi” (the earth), just under the

point where the sections of a fan meet

called “kaname”. Traditionally, this “chi”

symbolizes the earth and is a place

where life begins – birth. Opening out

from this beginning, the branches of

Ekinger’s assemblage spread out and

extend upwards - a “nature fan”.

Sometimes complex, other times quite

simple, these branches continue to their

end points suggesting a finality, or where

we may end up after this life journey.

The top fan ending is traditionally called

“ten” and is associated with heaven.

Paper elements affixed from behind the

branches add a human and cultural

element to what looks like a natural

phenomenon. The fan-like form also

could suggest a hand, whose two thumbs

could be mother and father, and the

fingers the children in a family. Like a 3-

Dinensional drawing, Ekenger’s fan with

paper attachments recalls the ‘paper

walls” in a Japanese home. Integration

and unity of – spirit, mind, body – in

nature.

John K. Grande

Helena Marika Ekenger(ヘレナ・マリカ・

エケンガー)何本ものの木の枝を集めてきて日

本の扇子のように開いたアッサンブラージュを

作り上げた。この場所を選んで立てられた

“Forest Fan”(森の扇)の始まりは地面の

「地」(地球)と呼ばれるところで始まるが、

扇がひとつに集まる「かなめ」がその点のすぐ

下にある。伝統的に「地」は地球のシンボルで

あり生命が始まる-誕生-場所である。エケン

ガーのアッサンブラージュの枝はこの始点から

開き「自然の扇」として広がりうえに向かって

伸びて行く。ときに複雑に、ときに単純に、こ

れらの枝はきっぱりとした終点を暗示する端っ

こまで続いていくが、そこはわたしたちがいの

ちの旅路のあとにたどりつくところかもしれな

い。扇の最高点の終わるところは昔から「天」

と呼ばれ、天国を連想させる。木の枝の背後に

固定された紙の要素によって一見自然現象であ

るかに見えるものに人間のそして文化のエレメ

ントを加えている。また扇のようなフォルムは

手を意味しているかも知れず、二本の親指は母

と父かも知れず、指は家族の子供たちかも知れ

ない。エケンガーの紙をあしらった扇は3 次

元絵画のようであり日本家屋にある「障子

(注:ここまではっきり言って良いかどう

か)」を思い起こさせる。自然のなかで、霊と、

心と、肉体が完全な一体の物にまとまる。

ジョン K グランデ  訳 今田勝

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon