2015 Tsukuba International Artist in Residence

 

Gunjan Tyagi   India

「未完のオブジェ」

ガンチャン・ヤギは、自然におけるアートを「無為における作為」のようなものと捉える。私達を取り巻く自然と、人間の性質には、深いギヴ・アンド・テイクの関係があるのだ。それらは平行して旅をする。ガンチャンの作品は、こうした平行線の間に横たわる時間および空間をテーマとしている。毛糸玉と編み棒は竹から成り、これらの素材が、「未完のオブジェ」なる物体を定義づける。これは進歩の名のもとに、自らの歴史、文化、伝統、現状から遠く離れ、それらを軽視しつつ、私たちが平然と送っている日常の風刺なのだ。観る者が、編み物の材料(毛糸・竹)に愛着を感じる一方、このオブジェは現実社会の象徴的イメージとして私たちの内にこだまする。「未完のオブジェ」により、人々が郷愁と自己実現とを秤に掛けることを願う。

 

竹、縄、塗料等

サイズ可変

"Unfinished Object"
Gunjan Tyagi addresses art-in-nature as a kind of “effort in effortlessness.” The nature that we see around us and the nature of human beings have a deep give-and-take relationship. They are on a parallel journey. Gunjan’s work is about the time and space between those parallel lines. The wool ball and the knitting sticks are made from bamboo. The materials define the object in terms of its title, Unfinished Object. This is a satire on the lifestyles we take for granted in the name of progress, while moving further away from and ignoring our history, culture, traditions, and current reality. On the one hand, the viewers will become attached to the materials of knitting– wool and bamboo –but on the other hand, the object resonates as a symbolic image of the reality we are living in. It is hoped that Unfinished Object will inspire the viewer to balance nostalgia with self-realization.
Bamboo, rope, color, etc.
Variable

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon