Art Brut The sons of Orion ・Sun

At the Mount Tsukuba Art Center as part of the ongoing events, an exhibition art by handicapped from the revealed that art can be a vehicle of communication for people with disabilities. Art becomes a special way of expressing forms, experience, environments… Many of the works on view revealed a strong sense of abstraction, or painterliness, or alternatively, are incredibly detailed renderings of all manner of things; animals, transport, birds… What strikes one is not just the sensitivity, the vivid and bold use of colours and textures, but also the range of approaches to what painting is or can represent. As well, there is this sense of the moment, of the act of painting. Unselfconscious and immediate, these artworks, like the interactions with animals like sheep, become a way for children to express something they cannot express any other way. Some of these people who made these artworks could become artists in the future. They express great hope. Creativity is a key and a tool, a way of increasing awareness of the inner worlds of autistic, or handicapped people. We see some of these inner worlds. They are beautiful, awkward, intuitive, expressive…

 

John K. Grande

つくばアートセンターが筑波山で催しているイベントには障害者の作品展示があり、アートが障害者にとって、コミュニケーション手段となり得ることを明らかにしている。アートが色々なフォルム、経験、環境を表現する特別な手段となっている。展示作品のおおくは強い抽象的センスを表しているが、あるものはペインタリネス、またあるものは打って変わってありとあらゆるもの、すなわち動物、交通機関、鳥などを信じられない詳細さで表現している。色と質感を感性高く、生き生きと、そして大胆に生かしていることばかりでなく、ペインティング対象とペインティングで表現したいことへの多様なアプローチは、観る者の心を打つ。さらに作品には描くという行為の瞬間に対するセンスがある。これらの作品は、たとえば彼らが羊と戯れるときと同じように、人目を気にせず即時的であり、子供たちにとってそれ以外の方法では表現できないものを表現するための手段となっている。これらの作品を作った彼らのある者は将来アーティストになる可能性がある。彼らは大いなる希望を表現している。独創性がキーでありツールである。それは自閉症的あるいは障害を持っている人びとの内面の世界をひろく知るための手段である。わたしたちはこの内面の世界を垣間見た。その世界は美しく、洗練はされていないが、直感的で、表情豊かである。

ジョン K グランデ                             今田勝 訳

1/32

© 2013 since Tsukuba Art Center

  • Facebook App Icon